建物の雨漏りをしやすい箇所と注意点

雨漏りは本来建物にはあってはならないことですが
意外にも雨漏りに関する相談が多いのも実情です。

大塚コラムの「雨漏りは何故発生するのか」で、
雨漏りの原因については詳しくご説明させて頂きましたが
実際に建物のどのような箇所から雨水が入るのか、
その具体的な 箇所の説明をさせて頂きます。

まずは建物はどのような部位で出来ているのでしょうか?

素材の分類として大きく分けると

○構造部材として
基礎、土台、柱、梁、床、壁

○付帯部材
バルコニー、アルミ笠木、庇、雨樋

○仕上げ部位材
外壁、窓サッシ、屋根、棟板金


○設備部位
排気口、給排水配管


上記の分類の中で直接外部から見えない構造部材は
直接の原因になることはほとんどありません。
残りの仕上げ部材、付帯部材、設備部材が
雨漏りをする箇所に大きく関係をしていることになります。

ではその可能性の高い箇所とは?

雨が直接当たる箇所
雨が直接当たらないが流れる箇所

に分類されますが
特に素材と素材の継ぎ目の部分からが多いでしょう。
逆に言えば継ぎ目以外の箇所からは
雨漏りの可能性は低くなります。

では具体的に幾つかのような箇所を見てみましょう。

○屋根材
瓦、コロニヤル、棟板金
家全体の中では一番雨があたる箇所というより
家から雨を防ぐ部位ですから当然かもしれません。

屋根構造の特長としては瓦材のしたに防水シートが入っていて
防水の二重構造になっており、
どちらかの防水性能が劣ると雨水が入ります。

特に防水シートは直接太陽には当たりませんが
熱や雨の浸み込みなどによる経年劣化により
防水性能が低下します。

○壁材
モルタル塗り、サイディング、ALCパネル、コンクリート
屋根に比べると直接雨は当たりにくいですが、
台風など横風を伴う雨の場合はかなり吹き込み濡れるでしょう。

・モルタル塗りやコンクリートの場合は
経年劣化や地震などの影響によりクラックが入り、
0.2mm以上のクラックになると
モルタルの厚さ15〜20mmを貫通し
雨が染み込むと木部まで到達します。

また鉄筋コンクリートの場合は
表面から20〜30mm程度の内部に鉄筋が入っていますので、
いずれの場合も水が染み込むと
腐りやサビの原因になるので注意が必要です。

・サイディングやALCパネルの場合は
材と材のジョイント(継ぎ目)には
シーリングという防水剤が充填してあり、
パネルの伸縮やパネルのジョイントからの
水の侵入を防いでいますが、この目地シーリング材が劣化し
雨漏りの原因となることが意外と多いのです。

近年建てられている建物は材料も進化し
耐久性の強いものが使われるようになってきましたが、
現在メンテナンスをする時期に来ている築10〜15年以上
経過している建物に使われていたシーリング材は
箇所にもよりますが、5年程度で劣化しますので
外壁の状態がまだ良くても、ジョイント部の防水処理を
先行して行った方が良い場合もあります。

・窓サッシも雨漏りをする危険性が高いです。
サッシ自体は突き合わせ部の水蜜性が保たれていれば
サッシそのものから雨水が入ることはありませんが、
サッシ廻りのシーリング材の劣化による漏水は
とても可能性としては高いです。

窓サッシは壁面より20mm程度出た状態で取り付いていますので、
そのフチで受けた雨水が
劣化したシーリング上を流れることになり、
シーリングの防水性能がなけれが雨水が建物にに入ります。

またモルタル壁やコンクリート壁の場合には
サッシコーナー部からナナメにクラックが入っている場合が多く、
そこからの漏水事例もありますので注意がが必要です。

○付帯部
バルコニー、庇、アルミ笠木
意外にもこの箇所を軽く考えてしまうことがあるので要注意です。
何故かと言うと、この箇所は水平面に近い勾配で納められているからです。

勾配がゆるいので雨が一時的に溜まったり、
溜まりやすい状態にあるということです。
そして継ぎ目もありますから
経年劣化による漏水が発生しやすいと言うことです。

特にアルミ笠木は手すり壁上部や
パラペット上部に使われることが多く、
壁内部は空間になっているので、
漏水すると見た目には気がつかない状況で
建物内に長期間吸い込まれる状態になり
構造体の腐食となってしまいます。

○換気口、給排水管
この箇所が意外と見落としますのでご注意ください。
給排水管に関して言うと近年の建物は建物内に配管類を通す
隠ぺい配管が多くなっていますが、
古い建物はまだまだ露出配管が多く、
当然配管は建物の内部に通っていますので、
その付け根の処理が甘ければ雨水が建物に入ってしまいます。

排気口に関してはウエザーカバーや
ベンドキャップというカバーで
排気口内に雨が吹き込まないようになっていますが、
古いタイプはそのフードが浅い物があり、
ダクト内部に雨が吹き込んでしまうことがあり、
ダクトのジョイント部から雨だれを起こすケースも
まれにあるのですが、その場合の処理としては
排気口より200mm程度の所の止水板を入れるか、
ダクトそのものの勾配を外側に取ることで改善が出来ます。

以上のように建物には必ず部材と部材の接続部があり、
その周辺からの雨漏りのが多いのも事実ですが、
しっかりとした処理をすることで心配することなく安心して快適に暮らすことが出来ます。

外装リフォームをする際には以上のように雨仕舞いのポイントを
しっかりと見極めてから工事をすることをお勧めします。

屋根・外壁塗装セミナー屋根・外壁リフォーム相談会

外壁塗装をする前に知って得する情報



最新施工事例

外壁塗装をご検討中の方へ

外壁塗装って本当に必要なの?屋根・外壁塗装で150万円はありえません!
チラシ金額のからくり教えます 表示価格と見積書の価格が違うワケとは?他社のお見積の裏側を徹底解説 外装塗装のネタばらし

屋根塗装・陸屋根やベランダの外装

雨漏れ解決!スマイルユウの外装工事その屋根、本当に塗装で大丈夫ですか?
外装工事を価格だけで決めないでください。スマイルユウの外装工事はこちら
管理会社任せで費用をムダにしないために
スマイルユウで契約されている理由
塗料えらびに迷った方はこちら!!人気塗料ランキング外壁屋根
一級建築士による、外壁塗装セミナーの相談会 スマイルユウの外装リフォーム施工事例はこちら 失敗しない塗装工事・6つの防衛策
スーパームキコート ガイナ アステックペイント セラミックシリコン

お電話でのお問合せ

受付時間:AM9:00〜PM19:00 0120-948-213



お見積り依頼はこちら

リフォーム工事をお考えのみなさまへ
「絶対失敗しない外装リフォームの見積依頼」
外装リフォームをする前に知るべき適正価格はこれです。


何故、多くに人は外装リフォームに
失敗してしまうのでしょうか?
もう外装リフォームで絶対に失敗してほしくないのです!


代表取締役 大塚義久

お見積り依頼はこちら

一級建築士にご相談したい方
絶対失敗しない外装リフォーム適正価格の見積依頼です
誰でも安心して外装リフォームをすることが出来る


一級建築士 大塚義久が
長年の外装リフォームの経験から
絶対に失敗しない安心できる外装リフォームを
ご提案させて頂きます。


外装リフォームを考えている方にとっては
確実に安心して外装リフォームをすることが
出来るでしょう。


業界30年の一級建築士が提案する
絶対失敗しない外装リフォームで
外装リフォームに関する不安を解消して下さい。


お問い合わせの流れ

お電話またはお問い合わせページからお問い合わせ

問合せ方法は、お電話・メールどちらでも結構です。
電話の場合は「ホームページを見たよ」と言って頂ければOKです。
当日中に担当者よりお電話させて頂きます。

メールお問い合わせ

ご自宅を見せて頂く日程の調整

どのような箇所が気になっているか。
今回の外装リフォーム工事の経緯、理由など詳細にお聞きし、
実際にご自宅を見せて頂く現場調査の日程を決めさせて頂きます。

現地調査

直接気になっている箇所などを現地で見ながらお話しを伺いたいので
必ずお客様立ち会いで、ご自宅を見せて頂きます。
正確に建物の大きさや仕上げ材なども確認できますので建物図面があればご準備をお願いします。
その他に気になる箇所を全て点検させて頂きます。

工事点検個所
  • ひび割れ
  • 雨漏り
  • 屋根
  • シーリング
  • 防水
その他に調査すること
  • 建物の大きさ
  • 障害物
  • 近隣状況
  • 道路状況

なども一緒に確認させて頂きます。

お見積書と調査書の提出

詳細な見積書と調査書の内容をわかりやすくご説明します。
とくに使用する材料の特性・性能や価格に近いものを納得頂くまで
詳しくご説明します。

お申込み・ご契約

工事内容、価格、施工体制、使用材料、工事日程など
全てにご納得されましたら「ご契約」となります。
後日、工事担当者を交えての詳細の工事打合せを行います。

お問い合わせ・見積もり依頼
外壁塗装リフォームの失敗原因のカラクリ
メルマガ登録はこちら「絶対失敗しないリフォーム」メール講座
スマイルユウがメディアに掲載されました
外壁塗装のネタばらし
チラシ金額のカラクリ
塗料比較表
テレビで話題のガイナ塗料本当に効果ありますか?
サイディング外装実際の注意点とは!?
アステック塗装防水性のネタあかし
鉄筋コンクリート造と鉄骨造の違いとは?
管理会社任せで費用をムダにしないために
高耐久ムキ塗料のネタばらし
ジョイントエンペラー
外壁塗装のすべてがわかる!
その屋根、塗装で大丈夫ですか?
外壁塗装の価格のカラクリ
屋根・外壁塗装で150万円はありえません!
セラミックシリコン
安心して契約できるのか?
スマイルユウのこだわり 屋根塗装のこだわり 下地処理へのこだわり 安心の3回塗り
施工事例
お問い合わせ 見積依頼はこちら
リフォーム失敗相談所
スマイルユウ 屋根の防水工事サイトへ
スマイルユウ リフォームサイトへ
スマイルユウ 不動産サイトへ
スマイルユウ 協力者募集中
スマイルユウ 協力者募集中

施工エリア
施工エリアマップ

東京23区内
※車で1時間以内で行ける地域を対象としています。上記エリア以外はご遠慮下さい。